大学入学者数だけが上昇傾向

これまで取り上げてきたグラフを重ね合わせてみると、面白いことがわかります。つまり、18歳人口の数と高校卒業者の数はそれぞれ時代に合わせて「第一次ベビーブーム」「第二次ベビーブーム」などを経て大きく時代に合わせた増減があります。
しかし、大学入学者の数だけは一貫して上昇傾向にあるのです。ここに、大きな問題点が生じてきます。
ところで、様々な組織・集団の中に当てはまる法則として、「パレートの法則(80:20の法則)」「2・6・2の法則」が取り上げられることがあります。
これは、集団の人数の多い少ないにかかわらず見られる法則で、どんな集団においても優秀な人材の割合は20%程度と大きく変わらないことを示唆する、科学的統計データに基づいた理論です。
「パレートの法則(80:20の法則)」
組織・集団が生み出す価値の80%は、組織・集団の中の20%の人材が生み出している。
「2・6・2の法則」
組織・集団の中で、「優秀な人材が2割」「普通の人材が6割」「仕事をしない人間が2割」となる。
この法則を日本という社会集団に当てはめてみると、少なくとも1960年時点では社会の中の優秀な人材(上位20%)の中のさらに優秀な人材(上位10%)が大学へ進学していたことになります。
なお、2つの法則でいう「優秀な人材=上位20% 」という構造が「=大学進学者」という形で当てはまっていたのは、「どんどん増える大学入学者」の記事で取り上げたように、1970年までということになるのです。
1980年代以降は、少しずつ「上位20%」から外れた層が大学へ進学するようになってきます。これは、それぞれの年の「18歳人口の20%」をグラフに重ね合わせることで、より分かりやすくなります。
次の記事では、上記のグラフに「18歳人口の20%」の折れ線グラフを重ね合わせてみます。

保護者の心構え4
  • 現在の大学進学のあり方は、明らかに時代に合っていません。教育行政や大学に自分の子供の将来を預ければ安心できる時代ではないので、事前の情報収拾と自己管理をしっかり行う必要があります。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト