高校卒業者数は50年前と同じ

さて、今度もまた文部科学省が公開している統計データに基づいた話です。
今度は、「高校卒業者(=大学受験可能な18歳)」の数が1960年から2016年までどのように推移しているのかを確認します。注目すべきポイントがある年代に絞ってみてみましょう。
まずは、1962年。この頃の高校等卒業者数は「102万人」となっています。「18歳人口 統計グラフ」では、この年の18歳人口は197万人(現在よりも80万人程度多い=20年前と同じような状況)。
つまり、そもそも大学へ進学できる可能性のある18歳人口の数が、18歳人口全体の半分50%程度しかおらず、中卒で就職していた人たちもかなり多かったと思われます。この後、高校等卒業者数は急上昇します。
次に、1968年。このあたりで高校等卒業者数は大きく上昇しました。高校等卒業者数は1962年に比べて60万人近く増え(156%)、160万人となっています。
この時はいわゆる第一次ベビーブーム世代(団塊の世代)の高校卒業時期と重なっており、このあたりから義務教育を終えた後に高等教育を受けることを望む人たちが多くなってきたといえるでしょう。このあたりの18歳人口は250万人程度ですので、64%の人たちが高等教育を受けていたことになります(1962年に比べ14%増)。
さて、次は1992年当たり。この頃の高校等卒業者数は「181万人」です。この頃は第二次ベビーブーム世代=18歳人口です。なお、18歳人口全体の数は205万人。実に88%の人たちが義務教育終了後に高等教育を受けたことになります。
このあたりでは、「中卒」という経歴はむしろ珍しく、「高校に行くのが当たり前」というイメージが出来上がっていたといえるでしょう。しかし、この後、高校等卒業者数はいわゆる少子化の影響で減少の一途をたどります。
そして、現時点で統計が判明している最新年は、2015年。この年の高校等卒業者数は、107万人です(これは前述の1962年、50年前の数字:102万人と大して変わらない数字であることにお気づきでしょうか)。
そして、18歳人口全体の数が120万人。つまり、89%近くが高校を卒業していることになり、そのうちの半分以上(52%)の62万人が大学に進学しているのが現状なのです(ちなみに、1962年の時点では大学進学者数が16万人、15%の大学進学率)。
高校卒業者数が50年前とさほど変わらないのに、大学進学率は40%近くも上昇している。これが、現時点での大学受験(一般大学・美大にかかわらず)の現実なのです。「優秀な人材だけが大学へ合格する」という構造は完全に崩れてしまっています。
昨今旧帝大・早慶・MARCHレベルの大学でさえ非常識・卑劣な犯罪行為が大学生によって行われている実態が次々と公になってきていますが、そこにはこのような社会全体・教育の世界の大きな変化が一因としてあるように感じます。

保護者の心構え3
  • 少子化は18歳人口を50年前並みに減らしてしまいました。1960年代をひとつのモデルケースとして考慮できる可能性があります。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト