大学に行くのは「普通以上」

記事「大学入学者数だけが上昇傾向」で取り上げたグラフに、「20%を表す線(フラフの中の赤い折れ線グラフ)」を重ねてみました。
まず1960年代。この頃は、大学入学者を表すオレンジ色の棒グラフが、赤い線に届いていないことがわかります。今まで説明してきた通り、この時代は、優秀な人材の中でも大学に進学できなかった人たちが多くいたといえます。
この時代は、今の日本を代表するような大企業(ソニー・ホンダ・トヨタ等)が大きく成長を見せた時代でもあります。一時期の日本の繁栄を支える基盤ができたのは、このような社会背景があったといえるのではないでしょうか。
次に、1970年代初頭。このあたりで、大学入学者と上位20%を示す赤い線が交差し、大学入学者の数が上位20%の数を上回るようになります。しかし、個人的な見解としては、特にこの程度の上回り方は問題ではないと考えています。
なぜなら、この時期に大学に入学できているのは、「優秀な人材」と「優秀に近い人材(頑張れば優秀になれる人材)」だからです。この後、ずっと大学入学者の数が上位20%の数を上回りますが、1990年代初頭までは、あまり問題ではないのです。
問題が大きくなると思われるのは、次は1990年代初頭あたりです。このあたりから、急激に大学入学者の数が上位20%の数を大きく上回るようになっているのがお分かりでしょうか。
つまりこの頃から、「優秀な人材」と「優秀に近い人材(頑張れば優秀になれる人材)」に加え、「普通の人材(あまり頑張ってこなかった人)」が大学に入学するようになってくるのです。
そして、2015年では、18歳人口の半分以上が大学へ進学している状況となっています。つまりこれは、「普通以上」であれば大学に行ける時代となっているということを意味します。
「普通以上」で大学へ行けるのなら、それは随分と楽な時代といえます。しかし、問題は「就職活動」の時に生じます。「普通以上」では、皆さんが望むような企業への就職は非常に難しく、就職浪人のリスクが生じお子様の将来性が狭まる可能性があるのです。
有力な企業は、優秀な大卒生を求めます(後述しますが、それがいわゆる「学歴社会」の正体でもあります)。さてそれでは、なぜ「普通以上」が大学に行く時代になってしまったのかを次の記事で解説します。

保護者の心構え5
  • 「普通以上」が大学に行く時代。だからこそ、「優秀な大卒生」となる可能性を大学受験の段階から模索し、就職活動に備える必要があります。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト