現在の美大受験生のレベルは・・・

それでは、現在の美大受験のレベルです。25年前を「合格レベル100以上」とすると、現在は「合格レベル10〜30程度」にまで下がってしまっています。理由は下記の通りです(上から順番に影響の大きいと思われる要素となっています)。
  • 少子化で子供の数が減り、競争率が下がった。
  • 浪人しなければどこの大学でもよいという考え方が増えた。
  • 大学が新設学科を開設し、入学定員が増えた。
  • 「地元志向」が広まり、地方から東京に出てくる優秀な受験生が減った。
25年前は、2浪生・3浪生が合格の中心でした。現役生にとってみると、2浪生は「2年上の先輩」、3浪生は「3年上の先輩」にあたります。つまり、現役生が美大受験をするということは、「高校3年生レベルが求められる世界で、中学3年生が勝負をかける」くらいに無謀なことだったのです。
しかし、みんながその「無謀」に挑戦をしていました。なぜなら、この頃の美大受験生は、「真剣にアートに取り組みたいと思っている人材」だけで占められていたからです。
インターネットが全くない時代、アートに関する情報を得るだけでも、ものすごい苦労をしました。保護者の方であれば、ご自分の若い頃の情報収集のあり方を考えればおわかりいただけるはずです。
25年前は、図書館に行っても、書店に行っても、新聞や雑誌でもアート関連の情報というのはほとんどなかったのです。なぜなら、「大多数の人はアートにさほど興味を持っていない」からでした。
そのような時代の中で、アートの世界に進もうとするのは、非常に大きな冒険でした。でも、それでもみんな挑戦していたのです。25年前の美大受験生は、それほどまでに大きなモチベーションでアートの世界を目指していたのです。
しかし、今は違います。アートの情報は、ちょっと検索すればスマホに表示されます。マーケティングの中にデザインの要素が大切であることが当たり前のこととして認識され、日用品関連のデザインもかつてないほどに洗練され、今の時代は非常に優れたデザインが当たり前のように身の回りに存在しています。
だから、今はみんな軽い気持ちでアートを目指しています。だから、お子様が軽い気持ちでアートの世界を目指そうとしていること自体は問題ではありません。それが本当にやりたいことならば、積極的に取り組んでいけることはお子様にとって幸せなことだと思います。
しかし、ずっと軽い気持ちのまま美大受験を目指すのは、やはり大きなリスクがあります。最初は軽い気持ちでも良いけれど、目指しているうちにいかに真剣になれるかで実力の伸び方が大きく変わります。アートの世界は実力勝負。一番大切なのは、実にそこなのです。
さて、記事「高校卒業者数は50年前と同じ」で、私は「少子化は18歳人口を50年前並みに減らしてしまった。1960年代をひとつのモデルケースとして考慮できる可能性がある。」と書きました。
実は、やはり同じようにかつてないほどに日常に優れたデザインやアートが満ち溢れた時代があったのです。それが、様々な大衆文化が花開いた1960年代です。この意味でも、2010年代の現在は1960年代に非常に似た状況となっています。

美大受験の心構え2
  • 軽い気持ちでアートの世界を目指せるのが今の時代。甘い気持ちで適当にやっている受験生も多いからこそ、受験対策を真剣にやり実力を高めておくことに大きな価値が生まれます。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト