2浪・3浪は当たり前じゃない

美大受験を表現する言葉として、「2浪・3浪当たり前」というイメージがあります。しかし、この言葉は少子化と大学数・学部数の増加により完全に崩れてしまいました。
確かに、25年以上前までは、「2浪・3浪当たり前」でした。理由は、「18歳人口の数が多かったから」です。つまり、少ない美大の定員に対して多くの美大受験生が志願をしていたので、競争率が高かったのです(実際、日本一倍率の高い大学は「東京大学」ではなく、「東京芸術大学」でした)。
この頃は、高い実力に裏打ちされた個性的な受験生だけが美大に合格できていました(これについては、一般大学受験についても同じ条件です)。
通例、大学受験では高校生は「平日5日間:1日3時間」の受験対策を行います。つまり、朝から夕方までの高校生活の後、概ね「17:00 〜 20:00」の3時間受験対策をする、というのが現実的です(それ以上は翌日の高校生活にマイナスの影響となる可能性があります)。
しかし、浪人生は高校に通う必要がありません。高校生が学校に通っているはずの時間、朝から夕方までの時間、概ね「9:00 〜 16:00」の6時間を受験対策にかけることができるのです。しかも、意欲的な受験生はその後の「17:00 〜 20:00」を勉強に充てることもできます。
つまり、浪人生は現役生に比べて2倍〜3倍の時間を受験対策に充てることができます。これが、浪人生の実力の高さの根拠でした。
上記のグラフは、その差を視覚的に表したものです。合格に「100」の実力が必要だとして、現役生が1年間に身につけられる実力を「15」とすると、現役・1浪と受験対策した時に身につけられる実力は「15(現役)+30(1浪)=45」となります(浪人の受験対策時間を2倍として計算しています)。
これが2浪なら、「15(現役)+30(1浪)+30(2浪)=75」となります。そして、3浪なら「15(現役)+30(1浪)+30(2浪)+30(3浪)=105」。つまり、ちゃんと受験対策していれば、対策時間を少なく見積もったとしても3浪すれば合格に足る実力(100)を身につけることができたのです。
まして、浪人時代に意欲的に受験対策したら、浪人の受験対策時間は現役の時の3倍。1浪で「15(現役)+45(1浪)=60」、2浪で「15(現役)+45(1浪)+45(1浪)=105」。2浪の段階で合格に必要なレベルを上回ることも可能だったというわけです。
これが、美大受験「2浪・3浪当たり前」というイメージの正体「でした」・・・・・・そう、このイメージはもう、とっくの昔に過去のことになってしまったのです。それでは、現在はどうなっているのでしょうか。

美大受験の心構え1
  • 2浪・3浪の多浪生によって、美大受験生の実力の高さは裏付けられていました。しかし、それは25年以上前の過去のイメージで、今は全く事情が異なります。
  • 軽い気持ちでアートの世界を目指せるのが今の時代。だからこそ、真剣に受験対策をやって実力を伸ばしていけるようにお子様を誘導していくことに、大きな価値が生まれます。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト