テクニックでは勝負はつかない1

一般大学受験では、受験は「受験テクニックで決まる」というのがセオリーです。しかし、美大受験の世界では、「受験テクニックで決まる」は通用いたしません。
どのような分野でも、テクニックというのは初心者の頃が一番伸びが大きいものです。そして、上級者ではテクニック的な差は大してなくなってきます。これは、プロスポーツの世界や音楽の世界を考えてみるとわかると思います。
例えば、プロ陸上競技は、零コンマ何秒の差で勝負が決定します。しかし、一般人はプロ陸上選手に比べ、何秒という単位で走る速さが劣っています。「零コンマ何秒」の世界から見ると、「1秒」の差は10倍以上の差となるのです。
でも、例えば部活で陸上をやっていたら、1年生の時と2年生の時では、タイムに1秒以上の差が出てもおかしくありません。
音楽の世界でもそうです。例えば、ピアニストの「マルタ・アルゲリッチ」と「マウリツィオ・ポリーニ」の差はテクニックにより生じているのではありません。一般人からすると、「どちらも素晴らしい」としか言えないのです。
でも、例えば子供がピアノを習い始めた頃のテクニックと、1年後のピアノテクニックとを比べれば歴然の差があるはずです。「実力」というのは、そういうものなのです。
中間試験・期末試験で考えてみたら、もっとわかりやすいかもしれません。20点しか取れていない科目で25点取るのと、95点取った科目を100点にするのと、どちらがより難しいでしょうか?
美術の世界は、実力勝負の世界です。本来、美大は美術の初心者を教育する場ではなく、美術の上級者がさらに競い合う場です。美大に行くということは、美術のプロを目指すということなのです。
だから、美大に合格できるレベルでは、本質的にテクニックの差が生じないはずの世界なのです。テクニックは、高度なものを持っていて当たり前。それが、プロの世界なのですから。
後述しますが、美大受験生というのは、美術に関する能力が「上位0.3%」であるはずの人たちです(18歳人口120万人に対して、美大受験生は3500人程度)。これはもう、「プロ」「セミプロ」の割合です。
だから、高度なテクニックはあって当たり前なのです。テクニックでは、大した差はつきません。差がついているとしたら、それはまだ美大受験生として「甘い」ということなのです。
しかし、この20年の少子化と大学数・学部数増加による大学受験の変化は、この「テクニックでは勝負はつかない」の内容に大きな変化をもたらしました。次の記事では、25年前と現在の「差」についてご説明いたします。

美大受験の心構え3
  • 実力勝負の世界では、テクニックはあって当たり前。一般大学のように「受験テクニック」だけを対策するのでは、受験対策の方向性がズレてしまいます。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト