危険信号大学をチェック

文部科学省は、毎年「設置計画履行状況等調査の結果等について」という調査結果を発表しています。
これは、認可した大学・新設学科について、教育水準の維持に相応しい運営が行われていない大学・学科について「警告」「是正・改善意見」を公開したものです。この平成27年度(2015年度)版で「警告」「是正・改善意見」が付された大学は、なんと全国279校にも及ぶのです。
(幸い、東京近県の美術大学については、このリストの中にほとんど含まれていません。美大受験生をお持ちの保護者の方は、東京での美大受験の上位校を狙う限りは、この件については安心して美大受験に取り組んでいただけます)
是非リンク先をご覧になっていただきたいと思います。全国的に有名な大学、例えばMARCHレベルの大学ですらリストに上がっている状態です(ここでは名指しはいたしません)。現代の大学受験生は努力・研鑽することで、このような時代の中で少しでもリスクの低い大学・学部・学科を目指す必要性が生じているのです。
このような状態になってしまった理由は、「大学設置数」のグラフに「大学入学者数」のグラフを重ね合わせてみるととてもよく理解できます。
1990年代半ばまで、大学数の増加(水色の折れ線グラフ)と大学入学者の増加(灰色の棒グラフ)は比例する形で増加しているのがわかると思います。
しかし、問題は1995年以降のグラフに生じてきます。大学入学者数がほとんど横ばいなのにもかかわらず、大学の新規開校数だけがより早いペースで上昇し続けているのです。
これが、「大学全入時代」の原因となっています。また、大学の新規開校数グラフと大学入学者グラフの傾きの差は、そのまま大学の定員割れにもつながってきます。つまり、大学に入学を希望する受験生の数があまり増えていないのに、大学入学定員だけが増えているわけですから。
定員割れの大学は、大学運営に支障をきたします。理由は、大学運営資金(=受験料と授業料金)が集まらないからです。
大学運営資金が集まらなければ適切な大学運営ができず、教授や授業の質を大きく落とします。授業の質が落ちれば卒業生の質も落ち、就職先でその大学の評判を落とすことにもなります。
その意味では、「設置計画履行状況等調査の結果等について」に掲載されている大学は、危険信号が出ている大学だといえます。
大学運営・授業運営自体を改善しなければならないとなれば余計な費用・時間・労力がかかるわけで、それがますます大学の質を落としかねないリスクとなっているからです。

保護者の心構え7
  • 昔のイメージだけで受験先を決めず、「設置計画履行状況等調査の結果等について」をチェックしましょう。リストに上がっている大学は要注意大学と認識してください。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト