大学数の増加が時代を変えた

なぜ、「『普通以上』が大学に行く時代」になってしまったのか?その答えは、「大学数の増加」にあります。今度もまた、文部科学省公表のデータをグラフ化しました。
大学進学を望む受験生が多かったとしても、受け入れ先である大学の数が少ないうちは「競争率が上がる」状態になるだけです。現在のような競争率の低い「大学全入時代(高いレベルを目指さず選り好みしなければ、誰でも大学に入学できる時代)」になってしまったのは、受験生の受け入れ先である大学数の増加が大きく影響しています。
1960年〜1985年の25年間で、大学の数は215校増加しています。これは、第一次・第二次ベビーブーム世代の18歳人口増加に合わせた動きであり、実際に増えていく人口(=増えていく優秀な人材)を受け入れる教育機関が必要とされていた時代でした。
しかし、1985年〜2010年の25年間で、大学の数は318校増加しているのです。1990年代以降、18歳人口が減少していくことが判明しているはずなのに、1960年〜1985年の25年間を上回るペースで、大学の数が大きく増えてしまったのです。
もし大学のレベルを「高等教育」「最高学府」としての価値を維持することを優先して考えるのであれば、1990年代の18歳人口減少に合わせて、大学の数は減らすべきだったのです(もっとも現実的には、一度認可した大学を閉校させるというのは非常に難しいのですが)。
これが、1990年以前(第二次ベビーブーム世代以前)の大学受験のあり方と、現在の大学受験のあり方を大きく変えてしまう原因となっています。
ちょうど今、大学受験を志すお子様のお持ちの保護者の方々は、ほとんどの場合「1990年以前(第二次ベビーブーム世代以前)の大学受験」をご経験された世代かと思います。しかし時代は大きく変わり、大学数の増加が保護者の方達が体験してきた受験のセオリーを通用させなくしてしまったのです。
大学数の増加は、「最高学府」の名に相応しくない大学を増やし、大学の価値を落としてしまいました。そのような時代の中で、社会的にちゃんと評価される大学へご自分のお子様を進学させ、就職活動で不利にならないようにすることがお子様の将来に最大の価値をもたらします。

保護者の心構え6
  • 大学の数が多すぎる状態です。受験する大学をきちんと選択し、お子様の将来性をより大きく開けるようにすることが大切です。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト