美大を受けよう!社会人【6】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

美術の本質とビジネス

近代以降のアートの本質は、「個性」「独自性」に見出されてきました。これは、人類の歴史の中の近代以降の「自我の確立」とともに大きく増幅され、20世紀の100年間で揺るがなく確立されたものです。
人ひとりが何を作るのか。自分だけにしかできないことは、なんなのか。自らを掘り下げ、それを表現として外に出していくことで、どれだけの価値を生み出すことができるのか......そういったことを、アートの世界では常に大切にしてきました。
そして、21世紀に入ってから、ビジネスの潮流に、それと似たような動きが生まれてきました。
数十年前は、とにかく有名になる、大きくなる、ということがビジネスで成功するための重要な要素でした。つまらない商品であっても、大々的に広告を打ち、一般社会に対する知名度を上げるだけで、一定の効果が見込まれたのです。
しかし、現代は違います。インターネットが普及して情報社会となり、誰もが豊富な情報源にアクセスできる可能性がある時代では、とにかく有名になる、大きくなる、というだけではビジネスは立ち行かなくなってきているのです。
特に2010年代に入り、その傾向は顕著になってきました。私がこの記事を書いているのは2015年5月ですが、象徴的なニュースが多く報道されています。
大企業マクドナルドやワタミの経営不振。パナソニックや東芝の粉飾決算疑惑。ソニーのメーカー離脱化......。しかしその一方で、グーグルが隆盛を誇り、フェイスブックの成功譚は映画化されています。
グーグルもフェイスブックも、最初はとても小さなグループ、あるいは個人から出発したビジネスでした。それが、世界全体に普及するまでに大きくなっているのです。
21世紀、成功しているビジネスの特徴は何か。それは、商品やサービスが他にない「個性」「独自性」を獲得している、ということなのです。他に選択肢がなく、それが優れているから、みんなそれを選ぶ。ただ、それだけなのです。
これはまさに、近代以降のアートの本質と同じなのです。他に選択肢がない「個性」「独自性」を追求し、徹底的に掘り下げ、ブラッシュアップしてそれを表現する(世に問う)。
だからアートの世界を学ぶことは、生まれかけている現代のビジネスの潮流を先取りしてきた分野のノウハウを学ぶことにもなってくるのです。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト