美大を受けよう!社会人【2】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

やる気と実力のある人材に

私は、美大受験業界で20年近く先生として仕事をしてきました。その間ずっと様々な分野を幅広く見渡してきた結果、明確に見えてきた傾向があります。
20年前に比べると美大受験生の数は半分近くに減っています。主な原因は「少子化」です。そんな時代だからこそ、「やる気と実力のある人間」を美大側がより強く求めています。
少子化は、もちろん、社会全体の流れです。美大だけではなく、一般大学も含めて子供の数は大きく減っています。当然のことながら、大学受験をする受験生数も減少傾向にあります。
美術の世界は、実力主義の世界です。どの分野も同じですが、全体の人数に対する「実力のすごい人間の割合」は、とても少ないものです。大雑把に考えると、以下のような状態です。
美大の合格者と実力の関係。武蔵野美術大学・多摩美術大学などの美術大学に合格する受験生の傾向は、20年前と現在で大きく異なっています。社会人の美大受験は、今の時代だからこそやる価値があります。
例えば、20年前に10000人の受験生がいたとします。美大に入学する学生は概ね1000人くらい。そうすると、実際に入学している学生は、「すごい実力の人(100人)」と「実力のある人(900人)」となります。
つまり、「実力のある人:10%」の中から、1%程度は合格できないのです。今現在美大で教授をやっている人達は、このような厳しい条件の中をくぐり抜けて美大に入学してきました。
しかし、今は20年前の半分近くに受験生が減っています。数は5000人くらい。定員は変わらず1000人です。そうすると、実際に入学する学生は、「すごい実力のある人(50人)」「実力のある人(500人)」「普通の実力の人(450人)」となってくるのです。
つまり、20年前は入学できないレベルの受験生が入学できてしまっているということになります。これが、21世紀の美大受験の現状です。大学側が入学定員を減らさない限りは、この傾向は続くでしょう。
これが、社会人経験者が積極的に美大受験をする価値がある理由です。つまり、「厳しい実力競争を生き残ってきたすごい実力の美大の教授」が「意識が低く、実力が普通でも合格してしまう美大生」を憂慮しているのです。
私は社会人経験者を今までに何人も美大に合格させてきていますが、社会人を経験された方はみなさん意欲的で、実力向上に対するモチベーションも高い状態にあります。そのような「人材」を、美大は喉から手が出るほど欲しがっているのです。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト