美大を受けよう!社会人【1】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

はじめに

当塾では、10年以上前から社会人の方の美大受験を積極的にサポートしてきました。20代半ばの若年層からアカデミックな教育を求める意欲的な60代の方まで、様々なタイプの方が美大受験を目指し、そしてほとんどの方が志望校に合格して美大に入学しています。
個人的な感触として、社会人の方の美大受験は、昔よりも増えてきていると感じています。日本では大学というと高校卒業後に行くところ、というイメージがまだ強いのですが、今後は大きく変わってくるのではないでしょうか。
どのような時代であっても、社会全体の流れが、ひとりひとりの人間に大きな影響を及ぼしています。カメラが発明されたことで具象表現から抽象表現への道が開かれたように、アートの世界も社会やテクノロジーの影響を受けています。
アートの世界は個性や独創性を重視していますが、決して「個人」だけで表現が成り立っている世界ではないのです。表現の基本となる「個人」が常に社会とつながっている限り、影響は受け続けていきます。
例えば、少子高齢社会。平均寿命が延び、自分の人生の時間はいわゆる「定年」後も長くなってきています。政治や経済については様々に議論され、注目もされていますが、美術の世界においても少子高齢化が大きな影響を与えようとしています。
そのほか、サイエンス、テクノロジーなど、美術の世界に影響を与えうるものを考えていったら、きりがありません。
私は、毎年様々な分野の美大受験を担当しています。高校生・浪人生としてはデザイン・映像・芸術学の分野を受け持っていますが、編入学試験や大学院入試においては、油絵・彫刻などのファイン系など、全ての分野を担当してきています。
そのような経緯から、常に様々な分野の情報を集め、どのような受験生の方が問い合わせてきても対応できるように心がけています。そして、そのように様々な情報に接してきているからこそ、見えてきた「流れ」のようなものがあります。
美大受験の現状は、20年前とは大きく異なってきているし、この先、大きく変わっていくことが予想されます。その大きな流れの一つが、「社会人の美大受験」の流れです。
私は、常に幅広く美大受験を見渡してきたからこそ、社会人の方の美大受験を積極的にお勧めいたします。その理由は、このコンテンツの中で明らかにしていくつもりです。ぜひお読みいただければと思います。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト