美大は推薦入試で受けよう!【5】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

音楽の世界を想像してみよう

さて、今度は音楽の世界を例にとって美大受験を考えてみましょう。
世の中には、様々な音楽に満ち溢れています。日常的に音楽はいろいろなところで耳にするものですが、実際に音楽を演奏する人間の数は少ないです。まして、それを仕事にしている人となると、かなりの少数派だといえるでしょう。
美大受験をするというのは、音楽の世界でいえば音楽を聴く側ではなく、演奏する側を目指すことになります。さて、音楽を演奏するとして、まず一番最初にすることは、なんでしょうか?
音楽を演奏するには、まずは楽器を選ぶところから始めます。これは、美術の世界では、自分が目指す分野を決めるということにもなります。
映像なのか、グラフィックなのか、彫刻なのか......音楽の世界で楽器を選ばなければ演奏ができないように、美術の世界でも、自分のやりたいことが見えていないと、そもそも表現することができないのです。
しかし、どのような分野があるのか、自分のやりたいことがどのようなものなのか、あまりよくわからないという受験生も多いのではないでしょうか。しかし、心配することがありません。まずは、色々やってみれば良いのです。
色々やってみることができるというのは、長期的な受験対策をする大きなメリットです。毎年、多くの方の美大受験対策を請け負っていますが、指導中に自分が本当にやりたかったことが見えてきたというのは、よくあるケースです。
だから、エースアートアカデミーでは、最初からコースや受験分野を限ってしまうような指導方法をとりません。
その受験生がやりたいこと、得意なことを中心に個別にカリキュラムを作成し、自分が選ぶべき「楽器」を色々学びながら少しずつ決めていくことは、美術の経験が少ない高校3年生には大きなメリットなのです。
音楽でも、色々な楽器を試してみることには大きなメリットがあります。自分が得意とする楽器の特徴や良い部分を見つけ出すためには、他の楽器を演奏してみるのが一番なのです。
そして、自分のやりたいことが決まったら、集中してそれをやれば自然と実力は上がってきます。演奏して楽しいと思える楽器を演奏すれば自然と上達していくように、美術の実力も楽しいと思える表現を中心にするのが上達の一番の早道です。
それができるのが、美大の推薦入試なのです。自分のやりたかったことをやり、それを作品として制作し、そこで見つけたことを出願書類や面接で自己アピールする。それができた受験生は、推薦入試でちゃんと合格できています。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト