美大は推薦入試で受けよう!【4】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

スポーツの世界を想像してみよう

美術の世界は、スポーツや音楽の世界と共通する部分が多いといえます。高校生の多くは部活や習い事などなんらかの形でスポーツもしくは音楽に接してきたことがあるはず。ここでは、スポーツを例にとって美大受験を考えてみましょう。
美大を目指すということは、スポーツでいえばプロを目指すことと同じです。スポーツのプロが日常的なトレーニングを欠かせないように、美術の世界で成功する人材も、日常的な美術の感覚を磨く訓練を欠かさないようにすることが大事です。
美大を推薦入試で受験するというのは、特定の分野で秀でていることをアピールし、プロスポーツの世界にスカウトされるのを目指すようなものです。
どんなスポーツ選手でも、それぞれの選手独自の個性が存在しています。例えばサッカーであれば、走るのが早い選手、状況判断力が的確な選手など、得意なプレースタイルは異なってきます。
美大を推薦入試で受験するというのは、スポーツでいえば、「自分のプレースタイル」をアピールすることを選ぶ、ということなのです。
つまり、美術の世界でいえば得意分野や自分の将来性についての「個性」「独自性」を長期的な訓練、つまり美大受験対策で把握・自覚できる受験生が推薦入試で一番強いということになります。
毎年何人もの受験生の推薦入試の美大受験対策をしていますが、中には、受験直前になって推薦入試の受験対策を始める受験生がいます。
しかし、受験生自身の個性や独創性というものは、長期に渡る訓練によって少しずつ獲得していくものです。「長期的に受験対策をしてきた」というのは、そのまま自信にもつながるので、自己アピールも容易にできるようになってきます。
考えてみてください。スポーツの世界が、たった1ヶ月や2ヶ月でプロになれるような世界だったら、あなたは、そんな世界に憧れますか?
スポーツの世界は、人間の身体能力の限界に挑戦するカッコ良さに憧れる世界です。それは長期的・継続的な努力によって築き上げられるもので、普通の人にはそれがなかなかできないからこそ、華やかで尊敬される対象となるのです。
美術の世界も同じです。自分がやりたいことを自由に表現したいのであれば、長期的・継続的に自分の個性と独創性を磨くことで自分に自信をつけ、それをアピールする推薦入試は挑戦しがいのある入試形式なのです。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト