才能は誰にでもある

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等
私は長年美大受験の世界にいて、様々な美大受験生をみてきました。おそらく、その数は2~3千人に上ると思います。そして、その受験生みんなについて共通して言える、たった1つのことがあります。それは、
「誰にでも必ず何らかの才能がある」
ということです。
「でも私は絵がうまく描けない」などと反論する方もいらっしゃるかもしれません。でもそれはたいてい、才能がないことが理由ではないのです。
本当の理由は、「努力の方向性が間違っている」もしくは、「ただ単にやっていない」のどちらかなのです。
このうち、「ただ単にやっていない」というのは、実は案外多いのです。(「努力の方向性が間違っている」についてはリンク先をお読みください)
なかなか実力の上がらない受験生にプラベートで時間の使い方を尋ねると、たいてい1日のうちに2時間〜3時間は無駄にしている時間がたくさん出てきます。ぼぉーっとしていたり、別に見なくてもいいものをなんとなく見ていたり ......。
実力が上がっていく受験生の多くは、そういう無駄になってしまいそうな時間を、自分の得意なことに費やします。自分が伸ばしたい分野、苦手を克服したい分野、そういったものに空いた時間を効率良く費やしていくのです。
そして、この「空いた時間」の使い方が「自分の才能」とうまく合致した時に人間は驚くほどの成長を見せます。美大受験のような個性を重視する世界では、その「自分の才能」を適切に表現することができれば、十分評価されるのです。
つまり美大受験生の皆さんが今すぐにやるべきことは、「自分がどのような才能を持っているのか」に気づき、空き時間をそこに費やすことなのです。もし自分で気づけていなくても、大丈夫。それを指摘するのが「先生」の役目なのですから。
自分の才能に気づかず、あるいは誰からも指摘されず、だた悶々と受験に向かってしまってはいませんか?ちゃんと見るべき人が見れば、人の才能を見抜くのは、それほど難しいことではありません。
少なくとも私は、断言できます。今まで2〜3千人の美大受験生をみてきた中で、「誰にでも必ず何らかの才能がある」ということは間違いなかったのですから。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト