1つのことに集中しよう

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等
国語数学理科社会......といったように、中学・高校のうちは、たくさんの科目を同時に学んでいきます。しかし、美大受験生のみなさんはそれらたくさんの科目の中から「美術」という1科目に集中するのを決めることになります。
美術大学に限らず、大学以降は学ぶ内容が専門化してくるものです。この「専門化(あるいは特化)」というのは、人類の長い歴史の中で築き上げてきた、非常に効果的な発展と発達のあり方なのです。
さてここで、「和太鼓」を作ることを考えてみましょう。
和太鼓の製作に必要なものを仮に「(1) 木を削って『胴(ボディ)』を作る」「(2) 胴に張るための『革』を作る」「(3) 革を固定する金属の『鋲』を作る」「(4) 全てを組み合わせて完成」の4つの工程があるとしましょう。
昔は、この4つの工程を全て職人さんがひとりでやってきました。4つの工程全てを同時進行で行い、その全てで高度な技術を示すことができてはじめて、初めて一人前の職人扱いされるようになっていたのです。
しかし、このやり方は時間がかかりすぎます。どれほど才能がある人でも、このやり方では1人前になるまで数十年かかってしまうのです。
そこで、人間は長い歴史の中で「分業(=専門化、特化)」の概念を考え出しました。4つの工程のそれぞれを4人の人間が分担し専門的に担当することにしたのです。そうすることによって、多くのメリットが生じてきました。
例えば「(1) 木を削って『胴(ボディ)』を作る」を担当する人は、ずっとそれだけをやっていれば良いのです。他に余計なことをやらずに同じことを繰り返しやっていくわけですから、当然、上達の速度がスピードアップします。
だから、一人前になるのも随分と早く実現します。昔は数十年かかっていた「一人前」は、このやり方だと実力と才能次第ではるかに短い時間で実現することになります。専門化することのメリットは、非常に大きなものです。
当然、美大受験生の皆さんが1つに分野を絞って努力していくことにも大きな価値があります。より早く、より確実に実力アップするためには、1つのことに集中し、それをやり続けていれば、志望校合格の確率はどんどん高まるのです。
実際、大学側も自分でやりたいこと、得意なことがはっきりしている受験生を優先的に合格させている傾向があります。特に、推薦入試や編入学試験、大学院入試などは、その傾向が非常に顕著です。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト