18歳人口統計に見る美大受験

美大受験の全体像を理解するために、まずは、1960年から2015年までの18歳人口(=大学受験者の基礎数)の統計グラフを見てみましょう。
こちらは、文部科学省がウェブ上で公表している教育に関する基礎データをもとに作成したグラフです。それでは、注目すべきポイントを時代順に追っていきます。
まずは、1960年台半ば。この頃日本の18歳人口は最大のピークを迎え、「250万人」となっています。これは、いわゆる第一次ベビーブーム(1947-49年)に出生した「団塊の世代」が18歳になった時期となっています。
この時期は、高校卒業者の数が急激に増えた時期でもあり、また、大学入学者の数が急激な上昇方向に転じるきっかけともなったようすが伺えます。
次は、1990年代初頭、18歳人口は「205万人」となっています。これは、いわゆる第二次ベビーブーム(1971-74年)に出生した「団塊ジュニア世代」が18歳になった時期です。
高校卒業者の数はこの時期に最大のピークを迎え、この後にやはり大学入学者の数が上昇をしています。なお、この世代は大学を卒業した時点で、「就職氷河期」に直面した世代でもあります。
さて、そして現在(2016-2020年)。多少の差はあるものの、18歳人口は「120万人」となっています。つまり、大学受験を志す年代は「50年前の50%程度」、「25年前の60%程度」となっているのです。
これが、「少子化」の現状でもあります。なお、この先の18歳人口の統計的な予想としては、2030年ごろ(15年後)には「100万人程度」になると見込まれています。
「子供の数が減っている」という現実は、統計データに如実に表れています。そして少子化は、この20年間で美大受験のあり方を決定的に変えてしまいました。
「美大受験 保護者の心構え」では、美大受験を志す保護者の方が理解しておくべき美大受験の現状と今後の方向性について、客観的な統計データに基づいて一つ一つ根拠を示しながらご説明をいたします。

保護者の心構え1
  • 少子化が大学受験のあり方を大きく変えました。親世代が受験した頃のやり方を時代に合わせて修正することが重要です。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト