美大の帰国生入試を受ける【8】

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

コミュニケーション力を磨く

美大受験生のほとんどが、将来の「就職」のことも念頭に入れて受験対策をしています。大学受験というのは、その先の自分の一生を左右する大きな影響を与えるイベントですから、それは非常に賢いやり方です。
日本で就職活動をする際に最も評価されるのは「コミュニケーション能力が高いこと」です。就職というのは自分以外の様々な人間と1日の大部分を共にすることになるわけですから、それを企業側が求めてくるのも十分に納得できます。
よく誤解されているのですが、「コミュニケーション能力」とは、よく喋る、とか、話がうまい、とかそういうことを意味しているのではありません。よく喋り、話がうまくてもビジネスの世界では、それだけでは信用されないのです。
本当のコミュニケーション能力というのは、「自分に自信をもっていること」「その自信にちゃんとした根拠があること」「自分の得意分野・不得意を把握し、得意分野をアピールできること」が根底にあります。
だから口数が少なくても、根拠と自信を持って仕事をこなすことのできる人間は評価されます。コミュニケーションはただ単に「喋る」ことを指しているのではありません。「相手とのやりとりがしっかりできる人」ということを意味するのです。
自分の作った作品を見せ、それを評価してもらえれば、これも立派なコミュニケーションです。自分の行動に対して、相手からの反応がしっかり返ってくることが、コミュニケーションで一番大切な部分なのです。
こういった力は、特別入試(推薦入試・帰国生入試等)の受験対策をすることで磨いていくことができます。
特別入試は、制作した作品を提出して評価を受ける受験形式です。合格のポイントは、「自信を持ち」「自信の根拠を持ち」「得意分野をアピール」です。これは、そのままコミュニケーションの本質的な部分なのです。
美術の世界では「作品制作」でコミュニケーションできるのです。だから美大受験生は、特別入試の受験対策をすることが、そのまま就職活動に有利となるコミュニケーション能力を磨くことにもなります。
一般入試対策だけをやっている受験生は、テクニック重視の受験対策となります。これでは、コミュニケーション能力を磨くことはできないのです。しかも、受験で学んだテクニックは、あくまでも受験用。就職活動では全く役には立たないのです。
特別入試受験対策をした受験生は、特別入試の受験対策で既にやってきたことを、就職活動の際に思い出してください。そうすれば、どのように就職活動を進めていったら良いのかというポジティブなヒントが得られるはずです。
だから私は美大受験生のみなさんに、まずは特別入試での受験対策をしてみることを、強くお勧めしているのです。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト