授業方針

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

授業方針

受験生一人一人の個性と独創性を活かすのが、美大受験の王道です。当塾の個別授業なら、それが可能になります。だからこそ、美大・芸大受験の最高峰、全国一の最難関大学:東京藝術大学の大学院入試へ当塾から合格者を出すことができています。
「『最高峰』にも手が届く」当塾の個別授業の方法論は、推薦・帰国生・編入等の特別入試でも応用可能です。例年、当塾からの受験者のほとんどがほぼ安定的に第一志望の志願先へ合格。高い合格実績を達成しています。
美大を目指そう、と思ったのは、「カッコいい」「クール」だと思える何かに出会い、どうやったらこんなものが作れるんだろう、そういうものを自分自身でも作り出してみたい、と思うようなきっかけが何かあったからだと思います。
おそらくそのきっかけは、「他とは違った何か」だったのではないでしょうか。他とは違うから、「カッコいい」「クール」なのです。希少価値。それこそが、人を惹きつけるきっかけとなるのです。
皆さんひとりひとりが、違った環境で、違った人生を歩んできています。性別・血液型・学校・趣味......それらはひとりひとりが全て異なっています。そういった様々な条件の違いが、まさに「個性」を生み出します。
ひとりひとりの持っている条件が違う、ということは、そこから生み出された「個性」も千差万別で全て異なることを意味します。
自分はたったひとりしか存在しないし、そこから生み出されたものも、世の中にたったひとつしか存在しない。それこそが、「希少価値」の正体です。
しかし、受験生の皆さんは、まだ皆さん自身の内に存在している「個性=希少価値」を全て自覚できているわけではありません。
皆さんが美術の世界で活躍をするのは、大学卒業後何年も経った後、一般的には5年後〜10年後です。つまり皆さんは、近い将来、新しい時代に新しいものを生み出して行く「人材」なのです。
「新時代の人材」である皆さんが今やるべきことは、新しい時代に素晴らしいモノを生み出していくための情報収集と、それらをどのように自分の「個性」として取り込み、皆さん自身の実力を向上させていくことです。
過ぎ去った時代に生み出されたモノを学ぶことも大切です。しかし、それ以上に、「今」生み出されているモノ、そして、近い「将来」に生み出されるかもしれないモノについて学ぶことが、「新時代の人材」となるべき皆さんに必要とされていることです。
当塾は、幅広い分野の情報を常に収集しています。過去の素晴らしいモノのデータはもちろんのこと、今、現在生み出されている素晴らしいモノ、そして、これから生み出されていくかもしれない素晴らしいモノの情報を集めているという点において、他のどの美大予備校よりも優れたデータベースを持っているという自負があります。
美術の世界には、限界も、国境もありません。皆さんの多くは、そんな世界の中心に立ち、これからどの方向へ一歩を踏み出せばよいか、迷っている状態だとおもいます。
安心してください。当塾が、皆さんのお手伝いをします。
当塾は、とても大きく広い美術の世界の中で、皆さんが自分自身の「個性」と「表現」を探していくための適切な情報を皆さんに提供します。そして、それらを実力として定着させるためのアドバイスを、常に授業の中で提供します。
それが、志望校合格のための一番の早道なのです。

授業のやり方について

指導効果の高い授業で高い合格実績を達成。個別指導が実力を大きく引き上げます。下記の画像リンクで、授業のやり方についてご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト