多摩美術大学 演劇舞踊コース

演劇舞踊デザイン学科は、2014年度入試より学生募集が始まった、比較的新しい学科です。中でも演劇舞踊コースは、「(視覚)表現」を造形面ではなくパフォーマンスという面から捉え、将来的に俳優や舞踊家など、身体表現によるアーティストを目指す人材を育成するとしている学科です。
身体表現を学べる大学の選択肢は非常に少なく、演劇舞踊デザイン学科の他の選択肢は、事実上日本大学芸術学部の演劇学科のみとなっています。
入試科目の性質上、身体表現(演劇など)の未経験者が受験しても、合格する可能性は非常に低いといえるでしょう。演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コースを目指すのであれば、高校生のうちに演劇活動を積極的に行うようにする必要があります。
学べる内容
身体表現 / 演出 / 演技 / 劇作 / 映像史 / 演劇舞踊史 / 劇場文化論 / イメージトレーニング / ダンス / コレオグラフィ etc.
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト