多摩美術大学 工芸学科

「工芸」といってもかなり幅広く、様々なカテゴリーが含まれているのですが、多摩美術大学の工芸学科は、「陶」「ガラス」「金属」の3つのカテゴリーを研究する学科となっています。
1年生のうちは「陶」「ガラス」「金属」の3つのカテゴリーの基本制作プロセスを学んで造形力を養いますが、2年生以降は「陶」「ガラス」「金属」のうちいずれかを選択して、加工技術や道具の使い方、機械の操作方法などを学び、3・4年生で自由に自由に発想して造形するための造形力や表現力を磨いていきます。
「就職」に結びつきにくいイメージがあるせいか、工芸分野に特化した志望先を選択する美大受験生は減りつつあります。以前、多摩美術大学は、自己推薦入試の募集枠を彫刻学科と工芸学科に絞り込んでいましたが、このような状況を踏まえた上で「本気で工芸分野を研究したい受験生」を別の入試形式で早めに合格させるという特別な機会を与えていたのだと考えられます。
他の美大予備校では、推薦入試での受験することに対して非常に消極的になっています。しかし、工芸分野を目指す受験生は、多摩美術大学の自己推薦入試は受験してみる価値はあります。当塾では、推薦入試も積極的に対策するのが方針ですので、ぜひお問い合わせください。
例え不人気科であったとしても、工芸がなくなってしまう、ということはありません。世界的に見ても、デザインを国が保護したり評価するということは稀ですが、工芸は国から保護され評価される対象にもなっています。安易に人気科を受験する受験生よりも、不人気科であっても本気で受験する受験生を、多摩美術大学はしっかりと評価し、認めてくれるはずです。
学べる内容
陶芸 / ガラス / 彫金 / 鋳金 / 鍛金 / ジュエリー / etc
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト