美大受験 参考作品 #017 デザイン

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等
当塾より武蔵野美術大学 基礎デザイン学科の推薦入試で合格した受験生が制作したプレゼンテーション資料(一部)です。圧倒的な画力と斬新なアイデアで、他の受験生と大きく差をつけて志望校合格を達成しました。
制作者のコメント
農業を主体とする江戸時代の価値観は、高度なデザイン性を備えている。
現代の価値観は、実は江戸時代に近づきつつある。仕事・習い事・塾・格差。時間とお金に余裕がなく切り詰めた考え方で「日常の効率的なデザイン」をはじめている。メルカリやジモティー、カーシェアリングやレンタサイクル、ミニマリストやノームコア、ものを持つことではなく、モノへの執着をなくし充実した時間を過ごすことを重視する、共有(シェア)の時代が来ているのだ。充実した時間を第三者と共有する。それができる江戸時代の農業のデザイン性こそ、磨き直すべきものなのだ。
自宅と会社の行き来の時間を省くため、会社の近くで暮らす「職住一致」。働くための街と住むための街の境目がなくなってきている。24時間営業をやめ、早朝や深夜の営業時間短縮を進める店舗が増えてきている。長時間労働を改め、自由で多様性のある社会を目指しているのだ。
寝に帰るだけのベッドタウンも、農業によって生まれ変わる。共同体として日常生活のデザインに関わるため、地元住民全員で農業に関わり、ものを作り、他人に分け与えることを学ぶ。それは、他人が作ったものへの尊重の気持ちをもたらすはずである。自然と関わりながら生産することへの充実感。日常から一歩離れ自然と共存することで、心身にかかるストレスも軽減される。自分の手で作ることで、ものの成り立ちを理解することもできる。
一つ一つの畑は社会基盤の基本単位(モジュール)となりうる。それぞれのモジュールに周辺住民が積極的に関わり、様々なモノを生み出す。そうすることで複雑な社会を構成し理想的なリサイクルを生み出すことができる。例えばビニールハウスはレジャーシートや傘の素材ともなりうる。普段であれば捨ててしまうはずの野菜の芯や皮は肥料となる。使えなくなったモノ・資源を形を変えることで、長く使えるデザインに変えることができるのだ。

授業のやり方について

指導効果の高い授業で高い合格実績を達成。個別指導が実力を大きく引き上げます。下記の画像リンクで、授業のやり方についてご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト