合格実績 造形大 メディア 001

美大の一般入試受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

合格実績 東京造形大学

メディアデザイン専攻 編入試験 社会人経験者
この受験生の場合は「東京造形大学 メディアデザイン専攻」に合格しました。ゲーム業界ででそれなりに経験と実績を積まれた方でしたが、卒業は一般大学だったので、美術の世界で重要視される考え方をしっかりと身につけることが最優先となったケースでした。
ビジネスの世界にいたこともあって、ご自分のポートフォリオは最初からお持ちでした。ただ、それが「経歴説明としてはわかるが、クリエイティブな感覚が伝わりづらい」という状態で、また「なぜ美大を目指すのか?」も伝わってこない作られ方となっていました。
ビジネス経験をお持ちの方が特に苦労されるのが、皆さんこのポイントです。「クリエイティブとは何か?」「なぜ美大を目指すのか?」という根本的な命題よりも、確実性や堅実性を重視し、安定的な技術や確実な説明を求めてしまうことに慣れすぎているのです。
だから、このようなケースの場合は、まずは数多くの授業回数を経て、ビジネス的な考え方が中心となっている状態を、クリエイティブな考え方が中心となる状態へと早期に切り替えることが最重要となってくるのです。切り替えが早ければ、あとはずいぶん楽になります。
小論文試験があったのですが、こちらも手を抜かなかったことも功を奏しました。一般大学やビジネスのようにデータ重視ではないからです。いかに文章で「クリエイティブ」な「感覚」を伝えられるか。そこをしっかり受験対策したことが、合格に結びつきました。
新しい世界に飛び込むつもりで、受験対策に一切の手を抜かないこと。それが、一般大学や社会人経験からの美大合格に必要だということが証明されたケースでした。確実に合格したければ、確実に受験対策する。それが合格のセオリーです。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト