美大受験のヒント(7)

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

調べる、ということ

毎年多くの受験生をみているのですが、課題を自宅でやる際に、試験と同じように資料を全く使わずに課題の制作をしなければならない、と、錯覚している受験生はとても多いといえます。
しかし、受験生が資料を使ってはいけないのは、試験本番の時だけです。
当塾の課題の制作をするのは、あくまでも事前準備。入試本番で良い作品を制作するための、事前の積み重ねなのです。
だから、受験生には、「課題制作をする際には、どれだけ調べてみてもいいんだよ」と、いつも言っています。
調べることは、とても大切なことです。絵を描く際にかならず目の前にモチーフを用意して写し取っていくように、参考にする資料がなければ、誰も(例えプロの人でさえも)制作を行うことはできません。
全く調べものをせずに制作をするというのは、場合がによってはただ単に、自分を窮地に追い込んでいくだけの結果になってしまうことにもなります。今はまだ、プロの作家やアーティストではないのです。すらすらとアイデアが出てくるわけが、ないのですから。
試験で有利になるために「今」調べよう!
調べものをすることは、発想のきっかけを与えることにもなります。逆に、調べものをしなければ、発想のきっかけすらあたえられません。制作する時に悩んでしまう、という受験生は、是非、やろうとしている課題に関わる「調べもの」をやってみてほしいのです。
今はまだ受験本番ではありません。今のうちに調べものをできるだけしておかないと、試験本番で利用できる情報が圧倒的に少なくなってしまいます。それは、とてももったいないことです。
この情報共有社会においては、「調べものをしない」というだけで、非常に不利に追い込まれます。我々が学生だった頃と異なり、情報へのアクセスに関しては恵まれているはずなのですから、ぜひインターネットなどの情報検索技術を有効活用し、自分の実力を高めていってほしいと思います。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト