美大受験のヒント(6)

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

古文・漢文の勉強は必要か?

どの美術大学を受験するにも、基本的に受験することが必須となってくる、国語。ここに、古文や漢文の問題が含まれるのかどうかを気にしている受験生の方も多いのではないかと思います。
結論から言うと、美大受験をする場合には基本的には古文・漢文の対策は必要ありません。
一般入学試験においても、センター利用入学試験においても、おおむね評価されるのは「近代以降の文章(=現代文)」です。つまり、古文や漢文は含まれてはいないのです。
ただし、気をつけなければならないのが、「近代以降の文章(=現代文)」の中に和歌や古文の短文が引用されていることがあり、それが設問の対象となる場合が多々ある、ということです。
これは、とくに武蔵野美術大学の国語の試験で顕著な傾向です。
しかし、心配することはありません。
例えの和歌や古文の引用があったとしても、それが1つの段落をなしてしまうような、長い引用になっていることは皆無だからです。
また、問われている内容も、単語の意味であったり、簡単な古文文法(係り結びなどの用言の活用形)に関する問題だったりします。つまり、勉強するべき範囲は、非常に限られているのです。
美大受験生は、合格するためには、実技の対策にかなりの時間を割かなければなりません。ですから、受験に必要のない余分なことを勉強する余裕はないのです。
このことから、基本的に、古文と漢文の勉強に時間をかける必要はありません。
ただし、東京造形大学だけは、「古文」「漢文」が独立した問題として出題されていますので、気をつけるようにしましょう。東京造形大学を第一志望にする場合は、古文・漢文の勉強は、必須です。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト