美大受験のヒント(17)

美大入試 受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 空間演出デザイン学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

模範解答と参考作品の違い

毎年、秋頃には各大学で募集要項の配布がはじまります。
この時期には、募集要項の他に、入試参考作品集の配布も同時になされ、前年度の入試で出題された実技試験をや学科試験の問題と、実技試験の場合は「参考作品」、学科試験の場合は「模範解答」が掲載されています。
ここでは、その「参考作品」と「模範解答」の大きな違いを説明したいと思います。
A. 模範解答
美大受験において、「模範解答」が存在するのは、「英語」「国語」「数学」などの、いわゆる学科試験においてのみです。
これらの科目は、いずれも出題に対する「正しい答え」が存在します。
「模範解答」が存在するのは科目を勉強するということは、「どのように正しい答えを導き出すか」を身につけることを意味します。
だからこそ英語や国語の勉強で受験生はみんな、正しい知識を覚え、それを導き出すためのテクニックを身につけようとするわけです。
B. 参考作品
「参考作品」という表現が使われるのは、いわゆる実技試験(デッサン、専門実技など)においてです。別の言い方をすれば、実技試験に関しては、「模範解答」は、存在しないということになります。
アートの世界は、たったひとつだけ存在する正解(模範)に、みんなが向かっていくような世界ではありません。
ひとりひとりの人間が持っている個性と発想力を大切にし、それを深めていくことで価値を高めていくことを目指すのがアートの世界です。みんなそれぞれ、目指す方向は別のところにあるのが、美術の世界では当たり前のことなのです。
だから、自分以外の他の誰かが作った作品は、「模範」とはならないのです。
他人の作品は「模範」ではなく、自分の作品の価値をより高めるための「参考」に過ぎません。他人の作品を真似してしまうことは、アートの世界では、ある意味何よりも恥ずかしいことになってしまうのです。
他人の作品を踏み台にして、自分の作品をより良いものにする方が、高く評価される、と言っても良いでしょう。
だから実技試験では、決して「模範解答」を探さないようにしましょう。他の誰かが設定したものを目標とするのではなく、自分で考えて、自分のやり方で作品を作るような受験生が、美大では常に求められているのですから。
毎年、当塾生の8割以上が第一志望合格を達成。個別授業が合格の可能性を大きく引き上げます。下記の画像リンクから、当塾の授業方針をご覧いただけます。
完全個別指導とは完全個別指導とは?他予備校では例のない、エースアートアカデミー最大の特徴!完全個別指導とは、「講師と生徒が常にマンツーマンで授業を行う」「指導時間内に一切の演習時間(課題をやる時間)を含まない」の2点をクリアしている個別指導のやり方を指しています。 自宅で制作、教室で講評!それが学費節約の秘訣!指導の進め方。エースアートアカデミーでは、「指導(講評)の時間」にのみ学費がかかります。制作している時間は、「指導されない時間」です。学費を払う必要はありません。だから他予備校に比べ、1年間の学費が半分以下で済むのです! 年間予定・授業時間について。エースアートアカデミーにかかる年間学費は、最大でも50-60万円程度。▶ 他予備校では「講習会」で年間学費外の授業料がかかりますが、エースアートアカデミーは違います。▶指導回数を減らすことにより、年間学費を大幅に節約することも可能です。ご相談ください。 対策する課題内容について。特別入試も積極的に対策!指導内容について▶ 以下の課題内容については、「ご自宅で制作(学習)→教室で講評(指導)」のやり方で、十分な指導効果があります。国語、英語、小論文、感覚テスト